フロアコーティングのメリットと施工の際の注意点


フロアコーティングは床に撥水性が高い皮膜を作る作業で、床材の劣化を防ぐ目的で行われます。

特に水濡れが頻発する環境で高い効果を得られることから、住宅物件を中心に広く普及しています。
また、床材を皮膜で覆うことで傷が付きにくくなる利点もあるので耐久性を向上させる目的で行われることがあります。フロアコーティングの施工を行う場合、皮膜を綺麗に形成させることが撥水性を保つための重要な条件になります。
事前に床の表面を滑らかな状態に保つことで皮膜の厚さを均一に保つことができます。

そのため、異物を取り除いたうえで床のへこみや隙間などを補修して状態を改善させておきます。

また、フロアコーティングに使用する薬剤は含有成分によって皮膜の耐久性や艶の具合などが異なります。



一般的に高額な薬剤は皮膜が長持ちしますが、使用する環境で耐久性が変わってくるので予め詳細を確認したうえで塗布作業を行うように心がけます。


また、薬剤によっては乾燥までに時間がかかる他、塗り直しが出来ない物もあるので薬剤の選択は慎重に行うことが大切です。
住宅物件での施工は皮膜の強度だけではなく安全性にも気を配ることが快適な居住空間を保つための心得です。

口コミで評判のフロアコーティングについて分かりやすくまとめてあります。

フロアコーティングの施工は薬剤をムラが生じないように塗布する必要があるため、専門業者に作業を依頼するのが一般的です。

目的に応じた東京新聞情報を厳選して紹介しています。

業者によって作業の時間や費用が異なるので必ず複数の業者を比較したうえで信頼できる所を選ぶことが満足できる仕上がりにするための条件になります。