フロアコーティングを行う際の床の手入れについて


フロアコーティングは床に薬剤を塗布して皮膜を形成する処置を指します。

皮膜は撥水性があるので床材を水濡れから守ることが出来ます。
また、衝撃を緩和する作用もあるので重たい物を引きずっても床材に傷が付きにくくなる利点があります。



床材を綺麗な状態に保ちながら劣化を防ぐことが出来るので様々な建物に用いられています。


フロアコーティングは皮膜を均一に形成させる必要があるので塗りムラが生じないように丁寧に作業を行う必要があります。

よりシンプルさを追求した東京のフロアコーティングのサイトが登場しました。

また、床材にへこみや隙間が生じていると皮膜に穴が空いてしまうので事前に不具合を解消させておくことが大切です。床に汚れや異物が放置されているのも皮膜の形成を阻害するので、掃除で綺麗に取り除いておくことが作業を速やかに進めるための心得です。


特に住宅のフローリングにフロアコーティングを施す際は僅かな汚れでも皮膜の強度を低下させる原因になるので入念な清掃が不可欠です。

M3Qの情報が詰まったサイトです。

フロアコーティングの塗布作業については安全性を重視することが大切です。使用する薬剤によっては人体に有害な成分が含まれている物もあるので、十分な換気を行うと共に薬剤を慎重に扱うように心がけます。

出来上がった皮膜は日常生活を営む中での刺激に強い耐性を持っていますが、同じ場所に繰り返し刺激を受け続けたり強い衝撃が加わると劣化して剥がれてしまうことがあります。

剥がれた部分を放置すると汚れなどが入り込んで床材の劣化に繋がります。

そのため、古い皮膜を綺麗に取り除いた後に薬剤を塗布して床材を保護する皮膜を作るように心がけます。